ストーリーブランディング

Click HERE to see English page.

個人様・法人様への広報およびブランディング支援   

「インタビュー」&「ストーリーを紡ぐ」

インタビューで「ストーリー」をひきだし、記事として可視化することにより、一般的な情報掲載とは別次元の“高い訴求力”と“永続的な価値”を付与することができます。

コマーシャルのような「自社製品の情報を声高に叫ぶ」という宣伝手法は、特にSNSの登場以来、かつてのような効力をもたらさなくなってきました。SNS時代は、言い換えれば“衆人環視の時代”とも言え、誇大表現はすぐに見抜かれます。

その代わりに台頭してきたのが「ストーリー」です。テレビで言えばコマーシャルではなく番組。最近の例では中華料理チェーン店“日高屋”さんが、テレビ東京の「カンブリア宮殿」という番組で特集されるやいなや「あの社長は素晴らしい。今度日高屋で食べてみよう」という声がインターネット上にあふれました。
例)【カンブリア宮殿】日高屋・神田正会長の人間性が素敵すぎる(NAVERまとめ)
 

コマーシャルが「15秒の端的な自己PR」だとすれば、「ストーリー」はそれよりも長く深いもの。

しかもその内容が、自分で綴ったものではなく、他者によって描かれたものである方が、第三者というフィルターを通しているために信頼度は高くなります。

さらに、昨今のメディア業界には新しい動きが起きています。

テレビなどのマスコミは、各企業から送られてくるプレスリリースについて「単なる情報よりも、ストーリーのような構成で送られてきたものの方が、番組が作りやすい」と語っています。
それは、コンテンツ制作側が改めてストーリー構成を考える手間が省けるためであるし、またストーリーの方が記憶に残りやすいからです。

・・・ここまでのお話は、すでにご存知の方々も多いと思います。
 

そこで、皆様にお伺いします。

「人の心を動かすストーリーを紡ぐことができる方は、皆様のお近くにいらっしゃいますか?(しかも日本語と英語で)」

日本語記事例

「日本に難民なんているんですか?」その程度の認識でした --- 岩瀬香奈子さん

もし寒いことを言っても「僕はスウェーデンから来たから」と言って逃げます――ボルボ亭イケ也さん

美しく生きる人たちがたくさんいる世界を創りたい -- 池原真佐子さん

英語記事例

Rakugo might prevent conflicts. I’ll try to achieve peace through it.

I will create a culture which encourages both profit generation and contribution to society.

I want to tell the depth of sake to the world.



インタビュー対象者:原則的に「個人」にインタビュー

  • 日本企業でご活躍されている外国人従業員様
  • 海外に販路を広げたい企業の代表様やご担当者様
  • 海外にマーケットを広げたいスタートアップ企業の創業者様やご担当者様(ベンチャー企業様に関しては、英語記事を作成した暁には、別の英語媒体へのご紹介もさせていただきます)
  • 日本国内でのシェア拡大を計画中の企業様やご担当者様、国内での知名度向上に努める団体様やご担当者様からのご依頼も歓迎です。
    (ただしその際はMy Eyes Tokyoではなく、企業様のウェブサイトやご媒体への掲載となります)

作成記事内容

活動やプロジェクト、商品、サービスの背後にある「ストーリー」*日本語・英語いずれも対応可。
 

ブランディングツール制作

デザイン面からも皆さまのブランディングをご支援いたします。

・記事原稿のDTP制作

制作例:英語版 日本語版
※クリックでPDFファイルをご覧いただけます

・ロゴデザイン

制作例:
12834454_990218417723630_1163859051_n12822023_990218424390296_1524159987_n

 

 

12498466_990218414390297_953352098_n12834563_990218421056963_1580560644_n

 

 

 

 

 

・名刺デザイン

・Webサイト制作

............etc.

*上記サービスをご契約くださった皆様には、拙著「My Eyes Tokyo」をご進呈させていただきます。